toggle
2016-10-17

成長角度を上げていこう − ストレングスファインダー −

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ストレングスファインダーの結果を出した方に向けて

上位資質のことを説明したよ。

 

「あー、そうそう、そうなんですよ私」

「確かにそういうところあるね。」

と言いながら落ち着いた表情を浮かべて理解したことに満足する人がいる。

 

一方で、

「あ! それある!」

「え〜! それって普通じゃないんですか!」

といったような言葉とともに、目をキラキラと輝かせながら次の展開に期待を寄せる人がいる。

 

どちらが正解ってこともないのだけれど、

理解した時点がゴールじゃない。

理解した時点はスタート地点。

そこからどこに向かって走っていくかで成長角度が極端に変わってくる。

あなたには、ぜひ成長角度をぐっと上げてみてほしい。

それがストレングスファインダーの望むところだ。

 

そして、次の一歩をワクワクしながら進む人の背中を押せるように、

そんな力を私ももっと付けていこう。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

関連記事