toggle
2016-09-15

資質の魅力-catchy phrase-(個別化)<研修シリーズ>:ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)201609151

「個別化」

ストレングスファインダーの資質を理解するっていうテーマで研修を開催したんだ。

資質の1つひとつを取り上げて、

参加者とのキャッチボールをしながら理解を深めていく。

 

今日の参加者の中には、個別化さんがいた。

 

研修をしていて、どうも個別化さんが不満げにしている。

他の人たちが資質の魅力にどんどん惹き込まれているのに、個別化さんだけは浮かない顔。

 

その理由は研修の後の懇親会で判明したよ。

 

個別化さんがつぶやいた。

「どうもストレングスファインダーって、人を34の枠にはめこんでしまう気がするんです」

「人って、もっと1人ひとり違っていて、そんな34の枠なんかで説明しきれないと思うんです」

 

あー、なるほど。

用意された34個の箱に、人をはめ込んでいくように感じていたんだね。

確かに、人が過去に感じたこと、やったこと、思ったことを資質という視点から理解するためには、箱に入れていくようなやり方もあるかもしれない。

 

でもね、資質というものは、例えば同じ最上志向という名称だったとしても、全く同じものではないんだよ。

資質をツールに例えるならば、同じハンマーという名称だったとしても、世の中にはいろんな形状や重さを持ったハンマーがある。

そしてハンマーは“叩く”ことに強みがあって、切ったり貼ったりなぞったりすることは得意じゃない。

それと同じこと。

 

最上志向という資質の中にもいろんな特徴を持った“最上志向”がいるんだよ。

 

「1人ひとりは違うもの、だからそれが面白い」

 

そんな感覚を持っている個別化さんならではの視点も魅力的だな。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

関連記事