toggle
2016-03-05

資質で何ができるかではなく、資質をどう活かすかという感覚が大切(世界卓球2016から、選手の資質とその活かし方を予想。第一弾は伊藤美誠選手)〜ストレングスファインダー〜

資質を活かせば自分のプレースタイルが決まる

私の中で今、世界卓球2016の日本女子チームの奮闘の姿が大きな存在感を占めています。
福原愛キャプテン、石川佳純選手、伊藤美誠選手、そして若宮三紗子選手、浜本由惟選手の5人。

特に決勝トーナメントに出場している福原愛キャプテン、石川佳純選手、伊藤美誠選手はそれぞれのプレースタイルが確立しているように思います。

3人の選手のストレングスファインダーの資質のイメージが私の中にあるのですが、改めて、資質が違っても、それをどう活かすかによって一流の卓球選手という結果を手に入れられるんだなということを感じています。

私の感じる3人の資質、ちょっとお遊び感覚になるけれども書いてみますね。
今回は第一弾として、伊藤美誠選手を取り上げてみます。

(3人の資質のイメージは画面を通して表面に見えることだけから予想していますので、実際とは違うかもしれません。その意味でちょっとお遊びになります。)

伊藤美誠選手は、目標志向、戦略性、アレンジ、自我、最上志向

伊藤選手を見て、まず「あの目は戦略性に見えるぞ」と思いました。
相手のサーブを受ける前の構えのとき、相手の攻撃パターンとそれに対応し攻撃する自分のパターンを頭の中でぐるぐるとマッチングさせ、勝利のストーリーを何通りも描いている。戦略性資質にアレンジ資質も加わってストーリーの精度がぐんと上がっている。
ここが伊藤選手の最大の特徴のように思います。

そしてトップ資質は目標志向かな。

ここまで実力を付けて勝ち上がってきるためには強烈な実行力資質があるように感じます。
そのトップが目標志向じゃないかと。
目標志向が強烈な軸となって一直線に階段を駆け上がってきたのではないかと感じます。

強い相手との試合を楽しんでいる姿、そして試合が終わったあとのカメラに向かってピース!な姿は最上志向と自我の匂いがプンプン。

相当なプレッシャーがかかっても冷静にいられる姿。すごいなぁと感心しますね。
その原動力の1つが最上志向かなと思います。
相手が最高のプレーをしてくるほどに自分の実力も上がっていく。
まるでマンガの世界のようなことをやってしまう選手です。

そして試合が終わったあと、ニッコリ笑ってカメラにピース!な姿は、見ているこちらがニコニコしてしまいます。
あの画面いっぱいに写されるところを最高に楽しんでいるのは、やはり自我資質のなせる技じゃないかと思います。

さて、伊藤選手について、そんな5つの資質を予想してみました。
みなさんはどのように思いますか?

自分の持っている目標志向資質を活かして、でっかい目標を設定し、
戦略性資質を活かして成果獲得のためのストーリーを描いていく。
アレンジを磨いて磨いて精度を上げて、最上志向と自我をモチベーションの源泉に使っていく。
こんなふうに5つの資質を連動させて使い尽くしていったら、それはそれはすごいことができそうです。

その見本となるのが伊藤美誠選手ではないかな。

伊藤美誠選手、勝手に予想してすみません。

予想は外れているかもしれませんが、読んでいただいた方にとって、今日取り上げたそれぞれの資質の活かし方のヒントになれば、この記事は価値があると言えると思います。

また改めて福原キャプテンと石川選手の予想資質も取り上げてみますね。

では、みなさんも Unlock Your Potential !

関連記事