toggle
2016-03-05

勝つという結果を目指しているけれども、勝つという結果に囚われていない者が勝つ〜世界卓球2016を観て思うこと〜

世界卓球2016のこと、連続投稿です。

いや、凄かった。
凄い試合でした、今日の世界卓球2016女子準決勝 日本 vs 北朝鮮

北朝鮮の選手たちもとても技術が高く、メンタルも強くって、すごいプレーを次々と打ち出してきました。
1試合目、伊藤美誠選手はいいところを全て消されて完全な敗北。
2試合目、石川佳純選手は逆に相手を寄せ付けずに勝利。
3試合目、福原愛選手は自分の実力を100%発揮することで相手を上回り勝利。
そして4試合目、再び登場の伊藤美誠選手、第一セットはいいところなく取られるも、そのあと粘りに粘って、そしてじょじょに相手とのタイミングが合ってきて、じわじわと追いつめて見事逆転勝利!

勝った瞬間の伊藤選手の泣き顔が印象的でした。

日本選手、おめでとうございます!
そして北朝鮮の選手たちも凄かった。その頑張りを素直にすごいと認めたいです。

次は決勝。きっと中国。
強い強い中国だけれども、また全力でぶつかっていってほしいです。
応援します!

そんな試合を観ていて思ったこと。

どの選手も勝つことを目指している。それは間違いないのだけれども、勝つという結果に囚われてしまった選手ほど実力を発揮できていない。逆に勝つという結果に囚われることなく、今その瞬間に無心で挑むことができた者に勝利の女神が微笑むもの、ですね。

これって、仕事など日常のちょっとしたことにも多いに当てはまりそうです。

何か得たいものがあってコトを始めるのだけれども、得たい結果に囚われてしまうとなんだかどんどんと心が追い込まれてしまう。

今、この瞬間を単純に楽しめたり、単純に挑戦できたり、単純に心のアクセルを全開にできたりしたときほど、結果として「結果」がついてくるように感じます。

ここのところ、私は時間に追われることが多くて、あれができてない、これができてない、という感覚を持つことが多かったです。だけれども、これからは「何ができたか」よりも、「今が楽しめたか」、に気持ちを切り替えていきたいと思います。

今のちょっとしたこと、ちっちゃいことを楽しむ心を持っていこう。

その先にきっと楽しい結果が待っていますよね。

Unlock Your Potential.

関連記事