toggle
2016-03-01

世界卓球2016が面白い!〜選手の心技体の素晴らしさに感嘆〜

初めて卓球の国際大会をじっくりテレビ観戦しました。

卓球競技って、ものすごく迫力があって、技術力の高さが要求されて、加えてメンタルの力がとてつもなく影響を与える競技なんですね。

めずらしく早く帰宅することができた昨日と今日、世界卓球2016の全日本女子の試合をテレビ観戦しました。

卓球、面白いです。
ワクワクもドキドキもハラハラもします。
画面から選手の微妙な心の動きも見えてきたりします。
まだまだこの大会は続きます。スポーツ好きはもちろん、人の内面についてや、チームビルディングについて興味のある方もとても楽しむことができると思いますよ。
おすすめします。

個々の選手の心技体が素晴らしい

スポーツを観戦するとき、私は選手の心技体が整っているかどうかについつい意識が向いてしまいます。
これがとても楽しいのですが、たとえば、今日の世界卓球での伊藤美誠選手。
15歳ながら世界ランク12位の逸材です。

「勝つと思った方が勝つんです」
という彼女の言葉が象徴するように、かなり負けん気の強さが画面からも伝わってきます。
もちろん負けん気だけでは世界トップクラスには行けません。
彼女の心技体の整い方が素晴らしく、これが結果に結びついているのだなと思います。

相手サーブを待つときの目が素晴らしい

テレビで伊藤選手の試合を観戦するときには、ぜひ相手サーブを待つときの彼女の目に注目してもらいたいなと思います。

そこには研ぎすまされた集中と、力みのない静かな心と、いつでも獲物に飛びかかれるように全身の神経が整っている状態が見て取れます。

そしてラリーが始まれば、全身をしなやかなバネのように使って男子選手に匹敵するスピードの打球で相手を圧倒します。

うーん、素晴らしい。

打ち合いの後のうなづく姿が素晴らしい

伊藤選手、打ち合いの後によくうなづいてます。
ここも注目ポイントだなと思います。

特に打ち負けたとき。

今できなかったことを考えるのではなくて、次どうやったらできるようになるかを考えて、そこに「できる」という言葉を自分にかけてうなづいている。
そのように見えます。

今終わった打ち合いはすでに過去。
すでに過去となったことに執着するのではなくて、これからの自分を信じていく。

特に卓球競技はもやもやしてたらあっという間に試合が終わってしまいます。

メンタルの切り替えがすごく大事だし、これをとても試される競技です。

伊藤選手のメンタルの整え方、素晴らしいなと思いました。

彼女のようなメンタルで日々過ごしていったら、仕事でも何でも大きな成果を出していけそうです。

伊藤選手からいい刺激をいただきました。
メンタルの整え方、参考にしたいと思います。

今日は伊藤美誠選手だけを取り上げましたが、現在世界ランク4位で全日本チームキャプテンの福原選手や、同じく5位でエースの石川選手、同28位の若宮選手、同48位の浜本選手もそれぞれ取り上げたくなる素晴らしい方たちです。

チームとしても最高の状態に見えます。
チームビルディングのヒントもたくさんありそうです。

一流選手たち、みなさん自分の強みを活かしたプレースタイルを確立していますね。

Unlock Your Potential.

関連記事