toggle
2016-08-01

ニコンプラザ新宿に行ってきた−Nikon D90からD750への買い替えを夢見て−

201608012

今所有しているNikon D90。
写真を撮ることをもうちょっと本格的にやってみたいな、ということで買い替え候補に上がったのがNikon D750

いくつか知りたいことがあったので、ニコンプラザ新宿に行ってみました。

ニコンプラザ新宿では、落ち着いて相談ができました。

 

新しいカメラの購入を検討する。

 

そのこと自体を楽しもうと、最近いろいろネットを見たり、家電量販店におじゃましたりしています。

 

Nikonさんのホームページにある、「デジタル一眼レフカメラの基礎知識」っていいですね。

比較写真も多く載っていて、とっても分かりやすいです。

 

それでもいくつか分からないことがあり、ならばいっそのこと専門家に聞いてみよう、ということでニコンプラザ新宿におじゃますることにしました。

 

ニコンプラザ新宿さんは、JR新宿駅西口を出て2〜3分で着きます。
新宿エルタワーの28階です。

 

家電量販店の売り場では、やっぱり店員さんは「売る」ことが目的なので、やけに調子を合わせて説明してくれます。

でも、ニコンプラザ新宿では、「売る」というよりもっと素直に「理解してもらおう」という雰囲気。
おかげで安心して相談することができました。

 

質問は2つ。

 

1つ目
「今使っているDXフォーマットレンズをD750(フルサイズカメラ)で使うとどうなるの?」

 

答えとしては、

「カメラ本体のほうでDX用に自動で切り替わるので、そのまま使えます」

「でも、せっかくのフルサイズの良さが出ないです」

ということでした。

 

つまり、画角の狭いDXフォーマットで写すことになるから、今持っているD90と同じように楽しむことはできるけれど、せっかくフルサイズカメラを買ったのに、それではもったいない。

ということだそうです。

 

今使っているマイクロレンズがちょっと楽しくって、手放すのが寂しいなと思っていたんです。
AF-S Micro NIKKOR 40mm 1:2.8G DX

 

フルサイズカメラを買ったとしても、いきなりマイクロレンズを揃えるにはハードルが高い。

当面マイクロレンズはDXフォーマットで楽しむんだと割り切ってしまうこと。それはできるって分かったので、これは収穫。

 

 

もう1つの質問は
「セットで売っている24-120mmのレンズってどうなんですか?」

 

いかにも素人っぽい質問ですみません。

 

D750のセットレンズはいくつかあるのですが、気になったのが

AF-S NIKKOR 24-120mm f/4G ED VR

というレンズです。

 

2010年に発売されたレンズで、定価だと172,800円なんですね。

 

こまかい話は抜きにしても、とてもコストパフォーマンスのいいレンズで、
セットで購入すると安くなるし、店員さんもおすすめということでした。

 

まずこのレンズをセットで購入する方が多く、その次に単焦点50mmのレンズが欲しくなる方が多いとのこと。

 

なるほど。

 

たしかに単焦点レンズって1つ欲しくなるな。

このあたりか。

 

少しずつ分かることが増えてきて、楽しいひとときでした。

 

Unlock the Potential.

関連記事