toggle
2016-02-22

活発性資質はPDCAサイクルとの相性がいいと思います〜ストレングスファインダー〜

ストレングスファインダーの資質を一つずつ取り上げている中で、今日(2106年2月22日)は「活発性」にスポットを当てたいと思います。

よく気が付く資質=活発性

活発性をひと言で説明するならば、「せっかち資質」ということができるかもしれません。
私が今まで出会った活発性持ちの方の中には、じっと座っている人はいませんでした。

この「せっかち資質」、これを別の言い方で表現すると、「とてもよく気が付く」資質と言うことができるんです。

これってすごい才能だなと思います。

そして気が付いたらすぐに反応する。
自分もすぐに動いてしまうし、周囲の人もそれに巻き込んでいきます。
周囲がなかなか動かないとついつい「イラッ」としてしまう資質でもあります。

活発性を自分の強みに磨いていく

では、活発性をどのように使って、そして活かしていきましょうか。

私は、活発性の方はPDCAサイクルとの相性がとてもいいのでは、と思っています。

活発性が上位の方はどう思いますか?

PDCAの、特にCheckとActionが早いんですよね。
だからすぐに次の行動へと進んでいくことができる資質です。

「飛んでから考えればいい。」
「スタートすればあとはなんとかなる(する)」
「そんなもの、やってみないとわからないじゃない」

活発性の方々と話していると、こんな言葉をよく耳にします。

やってみて、気が付いて修正していく。
そういう意味では、PDCAというよりpDCA→pDCAかもしれません。
Pがちっちゃい。

思考系資質群が上位にある人は、Pがでかい。
Pdcaとか、あるいはCも大きくってPdCaだったりします。

最終的にどの資質の人が一番遠くまで行けたり、一番高いところまで行けたりするのかはわかりません。
しかし、情報が溢れ、どんどん高速化が進む今の世の中においては、PやCにあまりに時間をかけてしまうのは得策ではない時代であるとも言えます。

今の時代、どんどんDCAをまわしていく活発性持ちの方は、のびのびと資質を伸ばしやすい環境下にあるのではないでしょうか。

活発性資質をお持ちの方は、pDCAを気持ちよくまわしていって、そしてどんどんと先へ進んでいって欲しいな、と思います。

「よく気が付く」という才能を使ってよい影響力を発揮する。

活発性の人は、よく周囲の人を巻き込みます。
周囲の人は、なんだかよくわからないけれど、活発さんに引っ張られて行動を起こします。
でも、活発さんはまた新たな事実に気が付くと、そこでハンドルを急に切って方向転換します。
周囲の人は、何がなんだかさっぱり分からないまま、活発さんが曲がった方向に引っ張られていきます…。
このままでは、周囲の人は徒労感でいっぱいになっていってしまいます。

活発性の人は、周囲の人に自分の考えをもうちょっと話してあげてみてください。

そして、締め切りを決めるときは少し長め(1日でも)に設定してあげてください。

相手も同じことに気が付く時間をちょっと取ってあげる。
相手があなたのことを考えて、あなたの求めていることを理解する時間をちょっと取って上げる。

ここに意識が向くことで、周囲の人たちも喜んであなたと行動を共にしてくれることと思います。

自分の「よく気が付く」という才能の素晴らしさを認めてあげると同時に、相手の資質も認めて尊重してあげる。
そうすることで、活発性という資質は周囲の人にとっても魅力的な資質となり、ひいてはあなた自身が魅力的な人と思われるようになっていきます。

自分の才能を気の向くままに振り回すのではなく、使いどころを意識してコントロールしてみる。
そうすることで才能が磨かれ、そしてあなたの魅力がアップしていきます。

活発性は切れ味がするどいぶん、見事な使い手になっていくための醍醐味がありますね。

Unlock Your Potential.

関連記事