toggle
2020-02-27

資質の魅力「内省」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 内省 ー

「‪私の内省にはゴールというものがない。考えて、深めて、広げて、そしてまた考える。同じところをグルグルしていることもあれば、心の中に浮かぶあれやこれやを書き出して整えることもある。アウトプットは常に思考の途中段階だ。きっとそれでいいんだな。‬」

 

ちゃんと考えてから、考えがまとまってから、なんて思うとアウトプットの手が止まる。

アウトプットは常に思考の途中段階だ。

でも、それでいいんだな。

内省才能からすれば不満足な、整い切っていないアウトプットになるけれど、多くの人にとってみれば、それは充分考えられた、深みのあるアウトプットとして受け入れられるんだ。

どう頑張ったって、アウトプットは思考の途中段階だ。

そういうものだと割り切ってしまうのが、きっといいんだな。

 

Unlock the Potential.

関連記事