toggle
2019-04-20

資質の魅力「共感性」 〜ストレングスファインダー 〜

ー 共感性 ー

「‪共感性に強さはあるか?共感性にリーダーシップはあるか?私はあると思っている。必要なのは、自分の才能を認めて強み使いをすると決めることだ。受け止めるだけじゃない。ときには突き放すことも、離れることも優しさだ。あなたには選択できる力がある。‬」

 

共感性という資質には、察して受け止めて受容するというイメージが付きやすい。

たしかに、それまで無意識に使っていた人に、「あなたには共感性がありますよ」と伝えたとき、その人の脳裏に思い当たる過去の経験にはそのようなものが多い。

ここで気をつけたいことは、それは「過去の自分」「才能に気づく前の自分」の姿ということだ。

せっかくストレングスファインダー を受けて、才能という存在を意識することができるようになったのだから、過去の自分を引きずる必要はないはずだ。

 

共感性という才能がある。

 

あなたには、人の心の動きを敏感に気づくことができ、相手が言葉にしなくても状況を察することができる力がある。

先手先手で察することができる力があるならば、先手先手で自分の行動を選択し、対応していくことができるはずだ。

あなたには、それができる力がある。

過去の自分にとらわれる必要はない。

才能に気づいたならば、強み使いをしていこう。

そのほうが楽しいよ。

 

Unlock the Potential.

関連記事