toggle
2019-03-25

資質の魅力「適応性」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー 適応性 ー

「適応性の人から『いろいろ対応している間にとっちらかってしまって、どこに向かっているんだかわからなくなることがあります』という話を受けることがある。何を優先するか、少し幅をもたせた目標を1〜3つ書いて時々見るといいみたい。幅の広さがポイントね。」

 

柔軟さがウリの適応性だけど、「対応可能」のランプをつけっぱなしにしていると、手が広がりすぎてとっちらかっていくことがある。

相手からしてみれば、頼めばやってくれる人というもは頼もしいかぎりなのだけれども、それで本人が辛くなってしまってはもったいない。

そんなときには、大まかな優先事項を書き出しておくといいみたいだ。

ただし、気をつけなくてはいけないこと、それは自分が適応性持ちだとちゃんと理解すること。

適応性が強みにもかかわらず、がんじがらめな目標を書き出しても、そこに収まるわけがない。

柔軟に、多方面に対応しながらも、大まかには自分の目標方向に向かっている。

そのような感覚を大切にして、自分を締め付けないように気をつけよう。

自分に優しく、自分の才能に優しくね。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

関連記事