toggle
2019-03-01

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さという資質をあなたはどのように使っているだろう。あなただけが見えるリスク、それを過大評価せず、小さなものは小さいと捉えられているだろうか。冷静に『小さなリスクだ』と判断して先へ進んでいく。慎重さのあなたなら、それもできるはずだ。」

 

自分だけが気づいていて、他の人は気づいていないリスクがある。

そういうことがあると、それを大きな声で伝えてしまいがちだ。

「ほら、ここにもあるぞ!」

「なぜ気づかない、ここにあるじゃないか!」

声を荒げるかどうかは別にして、ついつい強調してしまいがちになる。

 

でも、

そこまでで止まってしまったら、あなたはブレーキさんにしかなれない。

ここでもブレーキ、あそこでもブレーキ。

それはちょっともったいない。

 

自分だけが気づいたそのリスクの、サイズ感も意識してみよう。

たしかに、気がついたのは自分だけ、でも、充分にコントロール可能なリスクかもしれない。

ほとんど気にすることのないリスクかもしれない。

ちょっと冷静に、本当に強調して伝えるべきものなのか。

もしかしたら、「ここにリスクがあるけれど、これは気にする必要もない。だいじょうぶだ、前に進もう」って言う言葉が、あなたの口から出てくるかもしれない。

 

そのほうが、かっこいいと私は思う。

 

リスクを発見する、その先にある、リスクを管理するというところ。

慎重さという資質は、そこまでできる才能なはずだ。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

関連記事