toggle
2019-02-09

資質の魅力「コミュニケーション」 〜 ストレングスファインダー 〜

ー コミュニケーション ー

「コミュニケーション資質を無自覚に使っていると、押しの一手になることがある。私の考えを分からせようと、圧が強くなる。もったいない。私を分からせるよりも、相手を喜ばす。魅了された相手は自然と耳を傾け、心を開いていく。工夫していこう。」

 

コミュニケーション資質だけに限った話ではないけれど、資質(才能)を無自覚に使っていると、ちょっと残念だなと思うことがある。

私から見て残念だと思うだけなので、主観的ではあるのだけれど。

コミュニケーション資質のちょっと残念な使い方と感じるときは、押しの一手になっているとき。

こう言えば伝わるか、ああ言えば伝わるかと、表現や例えを変えながら相手に伝えようと押していく。
そこに才能があるがゆえに、その圧力が強くなってしまう。

相手がその圧に強く押されてしまうと、その相手は固くなっていく。

それはちょっともったいない。

相手が喜ぶように、相手から興味を引き出すように、その優れた話術を使っていこう。

相手があなたに魅了されれば、自然とあなたの考えも受け入れていくようになる。

才能って、工夫のしがいがありますね。

だから、才能っておもしろい。

 

Unlock the Potential.

関連記事