toggle
2019-01-24

資質の魅力「慎重さ」 〜 ストレングスファインダー〜

ー 慎重さ ー

「慎重さ資質があると、『じゃぁリスク管理をお願いね』って言われることがある。ちょっと待て。慎重さ資質の人が気持ちよくリスク管理したら、それは他の人にとってかなり高いハードル設定になる。頼まれたからやったのに、互いに不幸じゃもったいないね。」

 

これ、組織にありがちだなと感じることがある。

リスク管理の感度が高い人に、その部門の旗振り役を任せていく。

その結果、とても高いハードルが設定されて、組織全体がそのハードルを超えるために汲々となってしまう。

これがよいこととは、必ずしも言えない。

もし、自分に慎重さという資質があって、リスク管理を任されるなら、

ハードルの高さを意識してみてほしい。

自分の才能を生かして、丁寧にリスク管理のルールを設定した結果、みんなから恨まれてしまうんじゃもったいない。

 

他の人より秀でた感度を持っていること。

それを認めた上で、自分の才能を生かすことと、それが全体最適につながるかどうかってことは、必ずしも一致しないということを、意識してみることも大切なんだよな。

 

才能っておもしろいですね。

Unlock the Potential.

関連記事