toggle
2018-05-17

走ることで気がついた。自分への期待値、そしてギャップ

先週の日曜日の夕方、5キロほど近所をジョギングした。

もともと長い距離を走ることが得意ではなかったこともあって、ジョギングはなかなか習慣化しないものの一つだ。

 

今回も、すでに走らない日が一週間ほど続いてしまった。

 

このままだとズルズルと走らない習慣が身についてしまうので、えいやっと走り出してみた。

 

しかし、今回はいつもよりも身体が重い。理由はわからないが、とにかく重い。

こんなとき、いつも私の中に沸き起こってくる感情がある。

 

「こんな自分が嫌だな」

 

そんな感情だ。

この“嫌だな”が、私をジョギングの習慣化から遠ざけているものの一つだ。

 

そして、

今日はさらにもう一つ追加で感情が沸き起こってきた。

 

「自分のことを嫌だなと、そう思っている自分がさらに嫌だ」

 

相変わらず身体は重く、走ることにめげそうな心がいたのだけれども、もう少し考えてみることにした。

 

「なぜ、私は自分のことを嫌だな、と思うのだろう?」

 

そんなとき、ふと私の頭の中に“期待値”という言葉が浮かんだ。

 

そして、全てがつながった。

 

そっか、私は自分に対して勝手に“期待値”を設定して、そこに届かない今の自分にがっかりしていたのか。

つまり、私は“今の私”をみていなかったんだ。

今ここに存在しない、いわば架空の自分。

そんな架空のものを私は相手にして、戦いを挑んでいたのか。

 

それは、もうやめよう。

 

今の自分をもっと大切にしてあげよう。

 

自分は“今”にしか存在しないのだから。

 

そんなことを考えていたら、目標の5キロを走り終えていた。

今の自分、よく頑張ったね。

 

Unlock the Potential.

関連記事