toggle
2018-01-04

資質を、笑おう:ストレングスファインダー

2018年、新らしい年を迎えましたので、明るい記事がいいですね。

 

資質を、笑おう

このブログに訪れてくれたあなたは、ストレングスファインダーに少なからず興味を持っている方だと思います。

 

ときどき、思い出していますか? 自分の資質のこと。

 

ときどき、感じていますか? 周りの人の資質の匂い。

 

「さぁ、才能に目覚めよう」(初期版)の共著者であるマーカス・バッキンガムはこう言っています。

“基本的に才能は潜在力を表すもので、パフォーマンスを表すものではない。”
(「最高のリーダー、マネジャーがいつも考えているたったひとつのこと」より抜粋)

 

そう、才能(そのかたまりである資質)は、磨いていくことで高いパフォーマンスへとつながっていくのです。

 

さて、どうやって磨いていきましょうか。

ひとつのキーフレーズはこれですね。

 

「資質を、笑おう。」

 

資質のお茶目なところも、グズなところも、困ったところも、魅力的なところも、ぜんぶ笑ってみましょうよ。

笑って認めて、「そっちじゃないぞ、こっちだぞ」なんて言いながら、資質を自分の好みに磨いてあげてみてください。

「なんで上手くいかないんだ」なんて言っているより、よっぽど早くパフォーマンスが上がっていきます。

 

今年の目標の一つにいかがですか?

 

「資質を、笑おう。」

 

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

関連記事