toggle
2017-07-31

資質の魅力-catchy phrase-(成長促進):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

成長促進

成長促進さんが相談に来た。

 

「難しいんですよね…」

 

何が?

 

「いやぁ、手放すってことが…」

 

というと?

 

「この人に可能性があるなって気づけること、それが私の良さなのは分かっているんですが…」

「その人にいつまでも関わってしまう自分がいるんです」

「難しいですね、手放すってこと」

 

なるほど。

その人の成長を実現したい。その主語を確認してもいいですか?

 

「あ……、私、だと思います」

 

なるほど。

 

成長促進さんがその人の可能性を拓くことで得ているものってなんでしょうね?

 

「得ているもの…ですか」

「私が役に立ったっていう、誰かの役に立てたっていう純粋な喜び、でしょうか」

 

なるほど。

 

では、その人自身が得ているものは何でしょう?

 

「あ、でも、本人も成長できて嬉しいって言ってくれてます」

 

それで?

 

「なんだろう…」

「想像でしかないですが、もし私への依存が強くなっているとしたら、それはよくないことですね」

 

ちょっと強めのフィードバックしてもいいですか?

 

「はい」

 

その人の可能性に気がつけること

可能性を拓いて喜んでいること

手放すタイミングで悩んでいること

これって全て主語が成長促進さん、ですよね?

その人の可能性、その人の成長のことなのに、あなたの語る言葉の主語はその人本人ではない。

そのことが私は気になります。

 

「あ…」

 

何が正解なのか、私はジャッジする立場ではありません。

一度、その人とあなたと、このことについて直接話してみてはいかがですか?

これからのより良い関わり方、相手の気持ちも理解できれば何かよいヒントが見つかるかもしれないですよ。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

関連記事