toggle
2017-05-16

資質の魅力-catchy phrase-(公平性、個別化、親密性):ストレングスファインダー

資質の魅力-catchy phrase-(ストレングスファインダー)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「公平性さんと個別化さん、そして親密性さん」

 

公平性さんが相談に来た。

「部下の個別化さんなんだけれども、ちゃんとみんなに情報を提供しないんだよ」

「あのようなえこひいきは良くないよな」

「今年の評価は厳しくしようと思っているんだよ」

「どう思う?」

 

次の日、個別化さんが相談に来た。

「後輩の親密性さんのことなんですが」

「いつも仲良しグループで過ごしてばかりいて、なかなか新しいところに挑戦しないんですよ」

「どんどん外に出ていって新しいものをキャッチしてこないと、この変化の時代には乗り遅れてしまいますよね」

「みんなそれぞれに好き嫌いはあると思うんですけれどもね、それだけじゃぁダメですよね」

「このままだと今年は厳しい評価を付けざるを得ないです」

「そう思いませんか?」

 

その日の夕方、今度は親密性さんが相談に来た。

「上司の公平性さんのことなんですが…」

「いつも『みんなどう思う?』とか『みんなで考えよう』、『みんなで飲もう』とかばっかり言うんです」

「そりゃ『みんな』って大切だとは思うけれど、私が上司から聞きたいのは、『私をどう思っているか?』なんですよ」

「彼は私をちゃんと理解してくれているんでしょうか?」

「なんだか彼は遠い存在に感じます」

「上司として、部下から遠いと思われるのって力不足ですよね」

「今年は上司への評価をちゃんと厳しくつけようと思います」

「わかってもらえますよね?」

 

うーん。

 

評価のまえに、育成のこと考えてみたらどうかな?

自分の資質のバイアスから見て評価を下すよりも、

相手の資質を理解して育成をしていくほうが楽しいよ。

 

育成するなら、ストレングスファインダーがおすすめです。

 

才能って面白いですね。

Unlock the Potential.

関連記事